#MYNAME #HelloAgain

絵に描いたようにブログが三日坊主となってしまっていました。

「三日坊主」とは、厳しい僧の修行を乗り越えられずにたった3日で還俗(出家した人が再び俗人に戻ること)してしまう人がいることから、長続きしない事を表す言葉として使われるようになったそうです。よくダイエットが三日坊主、禁煙が三日坊主、ブログが三日坊主なんて言いますが、僧の修行に比べたら楽でしょうに、坊主に失礼な気がしてきた。

さて、最近ですがMYNAME(マイネーム)というボーイズグループの楽曲をプロデュースしました。今回はものすごく殺人的なスケジュールの中、先方からは「ご自由につくってください」とおっしゃって下さってはいたのですが、「自由」というテーマが実は一番むずかしいんですね。

こんな夢がある、こんな愛を描きたい、こんな画の映像を撮りたいという風な希望をヒアリングして、アーティストさんが目指すテーマや見せたいイメージなどを形にする過程が「ザ・職業作家STY」としての存在意義なのではないかなと私は捉えています。(まぁ、スタンプ押すのはご愛嬌という事でひとつ)なので、「自由とは?」というところから始まってしまって、頭がぐるぐる回ってしまったのでした。

ぐるぐる回ってるだけじゃどうしようもないので、MYNAMEの現場によく入っている私のマネージャーに彼らひとりひとりの現状を詳しく聞いたり、過去のミュージック・ビデオや音源をひたすら聞いて、やっとのこさ思いついたテーマが「友情と決断」でした。

この道を選んだのは

もっと未来で笑いあうため

だから今は泣いてもいい

こんな強い想い結ばれた心と心が触れて

絆となって光る


彼らは韓国でデビューして4年、日本でデビューして3年。足繁く日本の地を踏み、小さなライブハウスで驚くほどの公演数、ライブをして実力とファンベースを固めて来ました。とてもセンシティブな話題なので触れるかどうか迷いましたが、日本の音楽業界でのK-POPの扱いが少なくなったり日韓関係が悪化する中で、決して状況のせいにせず、妥協なく音楽そのものとハングリーに向き合って来た彼らの強い想いや信念は、私から見れば尊敬に値します。

そんな彼らがチームとして、この時代、この場所で、「パフォーマンスする事」を職業として選ぶのならば、きっとそこには絶対に特別な友情が存在すると思いますし、そしてそれをずっと継続させるためには数々の決断がマイルストーンとしてたくさん刻まれているはずです。そしてその可能性はこの先も常に秘めているでしょう。そんな彼らの今を歌にしてしまえばいいじゃないかと思って、色んな風に取れるよう、少し意味深な歌詞にしました。

サウンドはドラムン・ベースやダンスホール・レゲエを下敷きにして、しっとりしつつもしっかり踊れるようにビートを強化してありますので、そちらも合わせて是非お楽しみ下さい。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • 小夜

    2015.07.07 03:48

    755でご紹介頂いた時直ぐに視聴しました。ステキな曲ですね、彼等の声質にもとてもあってると思います(^ ^) 最近k-popの方々をテレビで観る機会が少ないのが残念です。観ても聴いても楽しめます。
  • chaco0604

    2015.07.07 00:38

    STYさんありがとうございます♪ HelloAgainを聴くたびにウルウルです。 メチャ最高のsongです✨