Husler 気取りよりも 超Divaでごめんね

人の記憶のあいまいさほど信用できないものはない。だから、人は自分の受け入れやすいよう「事実」の形を変えて、自分だけの「真実」を作り上げる。都合の悪いディテイルや忘れてしまいたい事をシュガーコートして、自分だけの甘やかな真実と向き合っているのはとても心地よい。

かっこよく、あるいはかわいく撮れたセルフィをインスタグラムに上げるのと同じで、自分の記憶のなかに存在しておきたい自分の姿が品よくありたいのは誰だって同じだ。それは人間だけが生まれもった、げに平易な、直球のナルシシズムだと思う。素敵な自分は好きで、そうでない自分は嫌い、という単純な自意識だ。こうありたいという自意識が人の行動パターンを作り上げ、キャラクターを形作るから、外界や他者からの刺激によって自分がビルドアップされていくというプロセスは、人間関係を重視するヒトならではの処世術という感じがする。

だから、私は個人的に「わたしらしさ」とか「わたしだけのセンス」というものは存在し得ないと思っていて、自分らしさだと感じているものはすべて、これまでに誰かから、あるいは何かから受けた刺激によってオーガナイズされた結果でしかないと考えている。だから、「わたしらしさ」なんて、そもそも存在しない。という事にした。私は20代のころずっと「わたしらしい」とはどういう事だろう?と悩んでいたから、こういうふうに考えるようになって、少しだけ気が楽になった。

例えば、私がバーで知り合った人と酔いに任せてそのままホテルに行って朝まで過ごしたとする。そしたらまわりの友人は「けんけんらしくな〜い」と言う(私は友人にけんけんと呼ばれている)。そういう時に私は彼らが表明した意外性に驚く。驚くと同時に、すこし否定、あるいは非難めいたニュアンスも感じる。友人の言葉の裏に蓄積された澱んだネガティヴィティが、私の記憶を都合よく改変しようとする。たとえば「90年代のR&Bのミュージック・ビデオのような、ロマンティックで素敵な夜だった」とか。実際は場末のラブホテルで野蛮な行為をしただけなのに、品よくありたいというずる賢さが事実を歪曲して、真実として海馬に格納しようとする。

「わたしらしい」など存在しないと結論づけているのにもかかわらず、「あなたらしくない」と言われたら、その発言者の理想を叶えようとしてしまう私は、滑稽だと思う。ふとした時に「わたしらしい」と「あなたらしい」の間で動く葛藤めいたものが、理想の自分を頭の中で作り上げる。でもそれは本当の「わたしらしさ」ではなく、「わたしらしさ」という名のペルソナであり、綺麗事だ。

私が今まで作った(あるいはこれから作るであろう)たくさんの作品はすべて「けんけん」がこうありたいと願ったオルターエゴSTYが作品上で演じている理想のキャラクターだ。私は文芸作品よりもエンターテイメント性の高い綺麗事が大好きだから、私の作品には強いもの、キラキラしたもの、エンパワメントな登場人物が主人公の曲が大半を占めている。虚飾であっても美しいものが見たい、見せたい、というテーマはプロデューサーSTYとして一貫しているとは思う。

BananaLemonの新曲 “LOOK AT ME, LOOK AT ME” はそんな私の虚飾性が全開に現れた曲で、「生まれ変わったらビヨンセになりたい」とか本気で考えている私が(笑)、堂々としたディーバの生き方や人生哲学ってこうあってほしいなと思って作った曲だ。(はい、ここまでが前置き。なげーよ)ここからやっとぬるい文章になっていきますので、ご安心ください。

ここからはSTYが送る “LOOK AT ME, LOOK AT ME” の個人的GENIUS辞典。


     ブーティリズミカルに鳴らせ

     今夜はもう指輪外して

     拍手喝采をちょうだい

     All my ladies now get it up

     Just hit the floor


ブーティというのはブーティ・ブーツ(アンクル丈のブーツ)のかかとを鳴らすでもいいし、そのままブーティ(お尻)でもいいのだけど、個人的にはやっぱりディーバなら「お尻」をペンペン叩いてもサマになるだろうという事で、「ケツを叩く」でよしなにおねがい致します。(なにをどう?)

「指輪外(はず)して」というラインは歌詞も振り付けもビヨンセの “Single Ladies” を参照しているのだけど、「指輪をはずす」という行動は、自分を縛る何かから開放され、自分を表するアイデンティティを捨てるという意味がある。自分が何者でもなくなる瞬間、何もかも忘れて髪を振り乱して踊り狂う刹那に、女の子のリアル・ディーバネスが顔を覗かせると思うし、それが自然とできる女の子が次世代の女の子たちのリーダーになれると私は思っていて、だからビヨンセは「指輪くれよ!」って言ってたけど、バナレモは「指輪をはずせ!」にしました。笑


     ちょっとどいて 通るわ Diva

     テーブルの上 あがったら

     誰も止められないわ

     かせて Applause


幼い頃テーブルの上で、ヘアブラシをマイクに見立てて踊るなんて事を幼い頃にやった記憶のある人は多いのではないかと思う。それを家族や親戚だけでなく、ガツガツと全世界を全方位的に巻き込んで行くのがバナレモであり、「ちょっとどいて」と誰かを押しのけざるを得ない、溢れ出る強さで世界を掌握(?)していく気概を表現している。(どんなスケールや)


     Be wrong or be right

     など関係はない

     We own this night


「何が正しいか、何が間違っているかなど、私たちの夜に持ち込まないで」というのはとても女の子らしい考え方だと思う。あなたたちの事なんか関係ないのよ、ここはわたしたちの場所なんだから。自分勝手な発言も、ディーバだから許されるという、謎の法則が発動します。


     両手上げて

     浴びるスポットライト

     手に入れた Life

     I'm ready tonight

     to be the queen of the night


ディーバといえばスポットライト。10年くらい前にマライアキャリーがMUSIC STATIONに出た時、他の出演者に比べてマライアだけに常にライトが当たって顔が異常な白さになっていて、他の人の肌色などどうでも良い、とにかく私を美しく撮ってくれ、という姿勢は「さすがディーバ」と思い、感服したものでした。ただその姿勢がしっかりパフォーマンスの高さ・スレイエイジ(Slayeage)に裏付けされているところもただただひれ伏すしかなく、クイーンとはかくあるべし感のすごさ。アティテュードとパフォーマンスが比例するからこそディーバは美しく、女の子がこういう音楽やるならば、バナレモもそうあって欲しいと思ったのですね。


     ねえこっちむいて

     Now look at me, look at me baby

     声聴かせて

     Now look at me, look at me baby


女の子ならば誰だって「私を見て」って思ってるはずだけど、いろんな要因でそれを素直に表明する事は憚られる。でもディーバはそれを全く隠さないし、ましてやビジュアルやパフォーマンスやダンスで過剰に演出さえする。いわば自意識過剰の極みではあるけど、そのディーバネスがなにか別の付加価値に昇華されていて、なんかちょっと笑えてしまう「おもしろ」になってる時があり、やっぱり私はディーバから目を離すことはできない。

たとえばクリスティーナ・アギレラが必要以上にガナって歌ったり、ブリトニーの過剰なエッジング、ジェニファー・ロペスの腰つきや、ステージですっ転びながら歌うレディ・ガガ、もはや人間かさえも不明なシェール、ハイトーンで前かがみでガニ股になるセリーヌ・ディオン、アリアナ・グランデがうつ伏せに寝っ転がってマイク床に置いて歌ってたり、全てが鬼気迫る迫真のパフォーマンスなのだけど、そのどれもに何かちょっと違う価値が付いちゃってる感じが愛おしくない?愛おしいよね?


     Wait a minute, gonna take you there

     まだ始まったばっかで

     「おわり」って言うまで絶対

     Gonna make it last


ディーバは基本的に自分勝手なので、「私が始めたのだから、終わらせるのも私よ」という絶対的自分ルールが発動する。私というものを全部味わいつくさないと帰さないわよというアティテュードはどのディーバにも見られるけど、バナレモはそれが4人分いるわけで、実際のパフォーマンスをご覧になった方はおわかりになると思いますが、これがまたかなりやかましく、私の大好きな世界観になってますので、ぜひライブを見ていただきたいと思っています。この「やかましさ」というニュアンス、ブルゾンちえみさんがよく言うニュアンスなのですが、伝われ。


     その辺の Shibs Ropps の Rapper

     より硬い Rhyme で踏んじゃうわ

     Husler 気取りよりも 超Divaでごめんね

     くらい言わせて cause we're hot

     Skrr Skrrr


Shibsは渋谷、Roppsは六本木のスラング(帰国子女の友人がよくこの表現を使う。ちなみに新宿はJukuという)で、数ある大勢の先輩方から比べると滅相もないほどのビッグマウスなのですが、じゃあ逆に「もう私なぞ本当歌へたで、、ラップも下手で…ダンスも苦手で…」なんてラップされても面白くもなんともないので、女帝ディーバ・R!NOをイメージしてこのラインを書きました。R!NOは実際はとってもナイスで朗らかな女子なのですが、なんとなくビジュアルから前作も「ブルドーザーでぶっ飛ばす」とか言っててほしいみたいなところがあり、今回も全開アゲ進行で。「超 Diva でごめんね」はもちろん JP THE WAVY 様オマージュ。(バナレモメンとも仲良しだそうで)


     Look at me, look at me

     ほら道開けて今

     Look at me, look at me

     Holla at me we get famous

     血のせいか

     始まると止められないこんな性格


私のディーバのイメージはモーゼと一緒で、海を割るみたいに、その場を歩くと観衆が割れていくイメージなんですね。圧倒的なカリスマがある人に近づくって、めちゃくちゃハードル高いんです。それこそモーゼとか神話上の人物くらいカリスマないと観衆割れませんけど、でもその絵に憧れる女の子がディーバになるんだろうなあって思って「ほら道あけて今」って言ってみました。実際はパパラッチやファンにおしくらまんじゅうになるんだけどね。

個人的には「道開け”ていま”」「Holla at me we get “famous”」「血の”せいか”」「こんな”性格”」で英語日本語交えて韻踏んでるところに注目いただきたい。


     Be good or be bad

     とか言ってられない

     Just get a life

     やりたいようにやるしかない

     今すぐにしたい

     I'm ready tonight

     to be queen of the night


ここも同じく、「何を細かい事いってんの?しょーもない」という、急に道徳が大雑把になるというディーバの法則が発動する瞬間を表現しているのですが、「やりたいようにしかできない」事を「今すぐにしたい」という願望も持つ事をしてもいいんだよ、という女の子に対するエンパワメントをも同時に伝えたいと思ってこのラインにしました。

ここまでの歌詞で、一番重要な事は、このリリックの目的が誰かを傷つけたり揶揄したりする事ではなく、女の子はもっとやりたい事して生きても良いんだ、ワガママでも良いんだ、誰かに「自分らしさ」なんて決められなくても良いんだっていう、バナレモからのエンパワードなメッセージです。

とかく日本の女性アーティストは、誰に対してのロールモデルかはわからないけど、いの一番に求められるのが「従順さ」みたいなものだと思う。反面、女の子のプリミティブさを丸出しにしてる人がハミダシ者みたいに扱われている世の中にだいぶ不満があるわけで、その不満を大げさにエグザジェレイトしたのがこの曲になる、という事でした。時代は変わっていくからね。去年の常識が、来年には非常識になってるかもしれないしね。

と、だいたい解説はこんなものでしょうか。とにかく今回のテーマは、「ディーバの私を見て」なので、後半にはSaarahとNadiaによるRuns対決みたいなのも演出してあり、やかましさ全開のアゲ曲になっておりますので、ぜひご一聴くださいませ。

そしてまた、今回もスーパークリエイティブなクリエイティブ会社、SIMONEさんとこの楽曲のミュージック・ヴィデオの制作を進めています。あっと驚くような仕掛けをたくさん散りばめてくださっているので、完成が楽しみで仕方ない!

で、しかも、今回の振り付けはBritney Spearsをはじめ、国内外で多くの有名作品を手がけるTeam Sの井上さくらちゃんにお願いしました。私が思い描くディーバネス(のちょっと「おもしろ」なところを含め)を完璧に余すところなく表現してくれて、ダンスのリハ動画を見るたびに感動したり、笑ったり、たぎったり、めまぐるしくいろんな感情が想起される振り付けになってますので、ぜひライブに足を運んでいただきたいです。オフィシャルサイトにライブ・スケジュールが記載されていますので、お近くでライブがあるときはぜひお越しくださいね!

ふう、長くなってしまった。閑話休題。なんかえらい重いテーマ(?)で書き始めたブログだったけど、ライトな感じで終われて良かった。笑

それではまたミュージック・ヴィデオについては追々。

1コメント

  • 1000 / 1000

  • マスター

    2018.07.02 11:19

    頭を破られました 蚤の心の臓はカラカラです 哲学者 少し 生きかた変えてみたいです 深謝