ONE DAY

※当サイトの転載はご遠慮ください

「なくなって初めてその大切さに気づく」というようなよくあるクオートは、しっくり来る人と来ない人で分かれると思う。この文は「なくなったもの」を長い間持ち続けていた事を示唆しているから、その経験があるかないかで実感は変わるだろう。私は特に若いころこの類のクオートの意味がわからなかった。だって若い人にとって人生は「今」そのものであり、その美しさを悉に享受できる感性が備わっているから。過去や将来を顧みないその美しさは良く言えば荒削りな原石の輝きであり、悪く言えば向こう見ずの鉄砲玉だ。 

私はもう別に若くはないから、人生は今だけよ〜なんて極端なこと考えてはないけど、人間生き方を変えるのはこれがなかなか難しいもので、過去や将来というものから逃げ続けている私は、いつまでたっても大人になれない。やっかいなオジサンになってしまった。でも過去や未来の事ばかり話しているオジサンも結構やっかいだから、別に気にしない。

私はいつでも私を離脱できるよう、大切なものを持たないようにしている。ものは、手に入れると古くなるし、お金は、感性をにぶらせる。名誉は、目を曇らせるし、権力は、創作の敵だと考える。それらはつねに「過去」や「未来」を感じさせるから、私はそういう「大切とされるもの」が嫌いだ。だって、大切なものを持たなくても、自分の命があるだけで私は十分に裕福だ。逆に言うと誰にも奪えないものはそれだけだし、それ以外のものはきっといつかなくなるし。 

それでは「いつかなくなる」ものに価値はひとつもないのだろうか?と思って書いたのが、今市隆二くんソロデビュー曲の「ONE DAY」でした。こんな私でも「いつかなくなる」と考えると怖いものってあるのだろうか?という思考実験のもとに、愛する人とのあらゆる瞬間や当たり前の光景を洗い出し、それらがなくなると考えた時自分がどんな気持ちになるのかを知りたくてこの曲を書いた。

答えは「残りの人生と、あなたとの一日を交換しても良い」とまで思えるような相手なら、その愛はきっと自分の命そのものに値するだろうという結論だった。普段ラブソングをまったく書かない私からすると、出来上がってこんなに重い愛の歌になるとは思わず、我ながら面食らった(三浦大知くんの「別れのベル」もそうだったけど、私こういうテーマになるとどうしてもこう、なんていうか、泥臭くなる)。あんまり幸せな恋愛したことないから、ライトなラブソングなんて書けないのよ、私。笑

この曲はこの後どうなったか、ここまでどうだったかをひとつも描いていないから、「今」の「君」と「僕」がひたすら交錯する時間が淡々と流れるだけ。恋人へのコミットメントに、未来や過去の責任を介在させない場合、どんな関係性が浮かび上がってくるのでしょうね。 

この曲は「恋人との最後の一日」だと考える人もいれば、「なんでもないある一日をふと大切に思った曲」だと言う人もいたり、「今はいない恋人の事を歌っている」と感じる人もいたり…、人によって色んな受け取り方をしているのがとてもおもしろいのだけど、私としては…、どんな気持ちで書いた曲なのかは秘密にしておきますね。 

そして、この曲には実は続編の曲があるのですが…、それはまた何年後か、何十年後になるかはわかりませんが、また別の話。 

RYUJI IMAICHI – ONE DAY

ただ瞳 合わせることも
そう 肌と肌 ふれあうことも
一言ですら きみに伝えることも
おなじ夕陽を 見ることも
きみが隣でたてる 寝息を聞くことさえも

これがきっともしも
もしも最後だとしたら
すべての景色は変わる You…

Just for one day with you, I could trade all my life.
きみとなら すこしも惜しくない
Just for one day with you, Gonna trade all my life.
Just for one day 一日だけでも


思わずこぼれた笑顔も
この指で受け止めた涙も
髪をかきあげた時 ふわり揺れるその香りも
きみが隣で歌う ぼくがつくった歌も

どれもきっとひとつも
替えがきかないもの だとしたら
すべての景色は変わる You…

Just for one day with you, I could trade all my life.
きみとなら すこしも惜しくない
Just for one day with you, Gonna trade all my life.
Just for one day 一日だけ


 一日だけ ただそれだけでいい
I could trade all my life just for one day
離さないこの手も心も
他の誰でもない君だから 


Just for one day with you, I could trade all my life.
きみとなら すこしも惜しくない
Just for one day with you, Gonna trade all my life.
Just for one day 一日だけでも

1コメント

  • 1000 / 1000

  • アップテンポで挑戦的なSTYさんが『隆二にラブバラード書いたらどんな?』その好奇心をこの度、隆二の歌声聞きたかった全部のせ!で実現したこと嬉しかったです。有難う御座いました。三代目単独finalで一瞬流れたワンフレーズで『絶対イイに決まってる!』タップリしたテンポで隆二の歌声が豊潤に薫りたつ。もう確信しゾクゾクで。待ちに待った配信日には勿体なくてワンフレーズずつ、街中歩きながら、川沿い抜け首都高のランプ下で。含み笑う自我を車窓に焦り、バスのエンジン音と匂いに酔い、繰り返し反芻。『隆二の歌声は、街中の音を背景に際立つ。隆二の歌声はノスタルジックで懐かしむ時間を私に与えてくれる』それは古本屋で見つけた片岡義男。間取りが細かくリアリティあるようで物語は男の理想(ファンタジー)。白黒の活字から色彩や匂いが沸き立つ。茜から藍に染める最上階のホテルのバーで男が一人、ドライマティーニを啜りながら、彼女を思い出し自嘲し、正しい判断だったと溜め息をつく。隆二の歌声は物語を語る。何回聞いても気持ちいい。イントロ、隆二の深いため息から始まり、カラ元気装う笑い声、キーボードがトロミある鳴り方で、邪魔しないドラムの刻みと、ストップ!一瞬の間がキリリ心地よく、隆二のタップリした含みあるファルセットと地声の応酬、ヴィブラードフェイクしゃくり、隆二の歌声で欲しいトコばっか怒濤。なのに胃もたれせずに何杯でも喰える。多重録音がliveでどう化けるかワクワクで、隆二の歌いこなしを体感したい気持ちが押さえきれない。24wで気に入ったアウンも温かみ添えられたバックコーラスで、トランペットも、目を閉じ左右にゆっくり揺れウットリ心地よい終盤『ん?そいえばアレないな!?』思ったとたん見事なパオーン!そうくるのか!本当最高。隆二の笑い声は、切なさと憂い帯びてヤレヤレ仕方ないよな。覚悟とニュアンス残す最後。隆二の歌声こそが物語を色濃く演出する。MVも楽曲とリンクした世界観。秀逸で震えが。メイプルソープのカラー、デビットホックニーのプール、アンリカルティエブレッソンのモノクロ思い起こす。隆二の歌声が映像美を引き出す。ライカが趣味だった祖父と暗室で紙焼きした思い出。90年代は憧れの大人の世界。『隆二の歌声には、なきものを慈しめる空間が存在する』私は隆二の歌声が大好きです。その歌声を表情豊かに魅せて頂き有難う御座いました。